PCスキルを磨くならパソコン教室!得られる資格の種類とその内容を紹介

>

その他にも様々な資格がある

パソコンの操作技術系の資格

事務職や経理職など、パソコンの操作を主とする職業への就職時に役立つのが、操作技術系の資格となります。
別のページにて紹介させて頂いた、MOS資格も操作技術系の資格と言って良いでしょう。
その他の代表的な物が下記の2つとなります。

・日商PC検定
日商PC検定は日本商工会議所が実施するパソコン検定の資格です。
「Word」、「Excel」、「PowerPoint」に関する操作技術が求められ、MOS資格と似た内容ではありますが、よりビジネス向きで深い内容がこの日商PC検定です。

・サーティファイ認定試験
Excel表計算処理技能認定試験など、各ソフトの技術のみに特化した検定となります。
経理職でExcelの技術を集中して磨きたいといった場合におすすめです。他にも、WordやPowerPointなどに特化した検定もあります。

操作技術系はどのような職でも腐りにくい内容の為、取得の優先度は高いと言えるでしょう。

エンジニア向けの情報処理技術者試験

操作技術系とは別に、システムエンジニアなどを目指す際に有利となる、情報処理技術者試験という物が存在します。
こちらも多数の種類がありますが、その中でも代表的な物が下記の2つとなります。

・基本情報技術者
この資格はIT業界でシステムエンジニアを目指す上での「初級編」といった立ち位置の資格となります。
但し、初級編と言ってもIT業界での基本的な知識やプログラミング技術が求められる為、そう簡単に取れるものではありません。
エンジニアを目指すのであればまずはこの資格を目指すと良いでしょう。

・ネットワークスペシャリスト
この資格は情報処理技術者試験の中でも最高レベルの資格となり、相応の知識や技術が必要となります。
IT業界では抜群の知名度とステータスを持ち、最終的な目標として設定しても遜色ない内容となっています。

情報処理技術者試験は取得難易度の低い物から順番に取得すると、効率よく自分を磨くことが可能です。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る