PCスキルを磨くならパソコン教室!得られる資格の種類とその内容を紹介

>

目指すはMOS資格

MOS資格とはどんな資格?

MOSとは「マイクロソフト_オフィス_スペシャリスト」の略称です。
マイクロソフトオフィスというのは「Word」、「Excel」、「PowerPoint」、「Access」、「Outlook」の5つのソフトを総称したものとなり、その利用技術を図り資格とした物がMOS資格となります。

MOS資格には、一般レベルの「スペシャリスト」とより上級レベルの「エキスパートレベル」の2つの等級があり、スペシャリストでも資格としての価値は十分にあります。
スペシャリストでは主に各ソフトの基本となる操作がテストされ、Wordであれば簡単な文書作成、Excelなら簡単な集計表の作成といった比較的難易度は高くありません。
エキスパートレベルになると、より高度なスキルを求められ難易度が高くなる為、まずはスペシャリストを目指すと良いでしょう。

なお、MOS資格は全国各地に試験会場があり、遠方の会場で無くとも取得は可能です。

MOS資格はメリット多数

MOS資格は取得する事のメリットは数多くあります。

まず1つが、「知名度が高く企業から評価されやすい」という点です。
MOS資格で得られる技術である、WordやExcelのスキルは各企業での利用頻度が高いスキルであり、その有用性から企業側での知名度も比較的高い為、その分評価もされやすいです。

2つ目のメリットは「世界に通用する資格である」という点です。
MOS資格はマイクロソフト社が公式に発表している国際資格である為、日本のみならず世界的に通用する資格です。
その為、特にIT企業ではより評価されやすい資格と言えるでしょう。

また、資格を取得すると同時に相応のスキルが得られますので、自分自身のレベルアップに繋がる事も一つのメリットと言えるでしょう。

以上の様にMOS資格は非常に有用な資格です。
パソコンの資格を何でもいいから取得したいといった時は、まずMOS資格を目指してみると良いでしょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る